WEB広告に最適な費用は?費用を抑えて成果を上げる方法を解説

広告業界で働いていると
「結局いくら必要なの?」「費用は多ければ多い方がいいの?」「小額でもできるの?」
と、費用についてのご質問をよくいただきます。

業種やサービスによって最適な費用は全く異なりますが
どのようにすれば最適な費用を導き出せるかを解説しますので
参考にしていただけるを幸いです。

費用の算出に必要な数値

前提として、今回クリック課金(クリックされる数に応じて費用が発生)を中心に考えていきます。
理由は代表的な課金方法であるからです。
その他の課金方法でも共通した考えが使える部分は多いのでご安心ください。

クリック単価(1クリックあたりのコスト)

クリック単価は、変動するため、100%の計画は立てられません。
しかしGoogle広告のキーワードプランナーなどのツールを用いることで
キーワード毎の過去のクリック単価を調べることができます。

CVR(ページへのアクセスのうちCVになる率)

CVRは、商材/サービスにより大きく異なるため、100%の計画は立てられません。
傾向としては「料金が安いサービス」の方がCVRが高くなります。
ネット上には業種毎のCVRの相場をまとめているサイトがたくさんあるので
一度ご自身の業種のCVRの相場を調べてみてください。

目標CV数

任意の目標を決めてください。

費用の算出方法

下記の2つの計算で算出できます。
・「クリック数」=「目標CV数」/「CVR」
・「必要な費用」=「クリック単価」×「クリック数」

(例)
クリック単価:200円
CVR:5%
目標CV数:100 件
・「クリック数」= 100/0.05 = 2,000
・「必要な費用」=200 × 2,000 = 400,000

費用を抑えるコツ

不要なキーワード

関連性の低いキーワード、クリックされてもCVに至らないキーワードを分析し
改善を図ることで、無駄な出費を防ぐことができます。

ターゲティング

キーワードと同じく、CVに繋がらないユーザー層を分析し
改善を図ることで、無駄な出費も防ぐことができます。

広告のフォーマット

商品やサービスの特徴によって広告の種類を選定しましょう。

例えば注文住宅の広告を出す際は、
視覚的に訴求することができますので
テキストのみのリスティング広告だけでなく
SNS広告やディスプレイ広告も有効となるでしょう。

まとめ

WEB広告の費用についてまとめましたがいかがだったでしょうか?
適切な運用を行い、費用対効果を高めていただけると幸いです。

以上となりますが、もっと詳しい内容で
不明点などあればお気軽にご相談くださいませ!

LINEで相談受付中

 

おすすめの記事