Facebookビジネスマネージャーとは?使うべき人とは?

 

Facebookビジネスマネージャーとは?

Facebookビジネスマネージャーとは

・Facebookページ

・Instagramアカウント

・Facebook広告

・Instagram広告

といったFacebookに関わるサービスを1元管理ができる公式のツールです。

この記事ではビジネスマネージャーを使用するメリット・設定方法・注意点を解説しておりますので

参考にしていただけると幸いです。

Facebookビジネスマネージャーを使用するメリット

作業・管理が楽になる

・Facebookページ
・Instagramアカウント
・Facebook広告
・Instagram広告

それぞれを一元管理できるため、作業や管理が楽になります。

セキュリティの設定が行える

ページやアカウント毎に「誰にどの権限を付与するか」を設定することが可能です。

投稿代行・広告代行などを外部企業に委託する際、権限の管理がしやすくなります。

不要になったユーザーの権限を解除することも可能です。

Facebookビジネスマネージャーの設定方法

アカウントを作成する

作成ページ:https://business.facebook.com/overview

から登録を進めてください。

Facebookページと紐付ける

ビジネスマネージャにFacebookページを追加します。
ビジネスマネージャの管理画面の「アカウント」→「ページ」→「追加」からFacebookページを「ページを追加」で設定できます。

Instagramアカウントを紐づける

ビジネスマネージャにインスタアカウントを追加します。
ビジネスマネージャの管理画面の「アカウント」→「Instagramアカウント」→「追加」からID&PASSを入力すると設定できます。

広告アカウントを作成する

ビジネスマネージャに広告アカウントを追加します。
ビジネスマネージャの管理画面の「アカウント」→「広告アカウント」→「追加」から
「新しい広告アカウントの作成」を選んで作成してください。

支払い設定をする

ビジネスマネージャに支払い情報を追加します。

ビジネスマネージャの管理画面の「アカウント」→「支払い」→「支払い方法」から支払い方法を設定できます。

権限を付与する

ビジネスマネージャにユーザー毎の権限を追加します。
ビジネスマネージャの管理画面の「ユーザー」→「追加」→共有したい相手のメールアドレス入力で設定できます。

メールアドレスはFacebookに登録しているメールアドレスになります。

Facebookビジネスマネージャーの注意点

Facebookビジネスマネージャーを作成できてないことがある

いたずらや悪用を防ぐために信頼度によっては

Facebookビジネスマネージャーを作成できないケースがあります。

・同じ名前や住所で既に登録がある場合

・フリーメールで作ったばかりのアカウント

管理者の退職時は注意が必要

一元管理ができる反面、管理しているユーザーがいなくなる・わからなくなると

正しく運用ができなくなってしまいます。

しっかりと管理できる人物が管理することや、退職時に権限を確認するなどを心がけましょう。

Facebookビジネスマネージャーは2つまでしか作成できない

個人のFacebookアカウント1つにつき、最大2つまでのFacebookビジネスマネージャーしか作成ができません。

基本的には3つ以上作成する機会は少ないと思いますが

複数事業を行なっている方は注意が必要です。

社内の別のスタッフに協力をしてもらって作成してみてください。

まとめ

フェイシブックビジネスマネージャーについて解説してみましたが、いかがだったでしょうか?

Facebook広告やInstagram広告を運用する方は使うべきツールですので、参考にしていただけると幸いです。

以上となりますが、もっと詳しい内容で
不明点などあればお気軽にご相談くださいませ!

LINEで相談受付中

 

おすすめの記事