LINE広告とは?他のSNSとの違いを解説

 

LINE広告とは?

 

「LINE広告」とは、LINEが提供しているネット広告のことです。

幅広い年齢層が利用しているLINEのアプリ上に表示できるため

使用されていない方はぜひこの機会に

どのような特徴があるか知っていただけると幸いです。

LINE広告のメリット

・幅広い層に訴求できる。

先述した通り、LINEは年齢を問わず幅広く使用されているため

どんな世代に対しても訴求ができます。

・詳細なターゲティングが可能。

年齢以外にも様々なセグメントでターゲティングできます。

例えば

地域/性別/OS/趣味関心/行動/配偶者の有無/子供の有無/年収/ケータイキャリア

・直接友達追加ができる。

通常の広告では「広告→LP→問い合わせ→リスト化」という流れに対して

LINE広告では「LINE広告→友達追加→リスト化」という流れでリスト化ができます。

LINE広告のデメリット

・拡散性が弱い

リツイートやいいね等がないため、

他のSNSと比較し拡散性が弱点です。

・最低入札単価がある

LINEには最低入札単価があります。

金額は広告の出し方によって変動します。

他のSNS広告との大きな違いは?

メリットで述べた「直接友達追加ができる」が一番大きな差となります。

メリットの反面、友達追加後のステップ配信や商談が重要になるので

しっかり公式LINE自体の準備をしておく必要が出てきます。

まとめ

LINE広告の代行依頼についてまとめてみましたが

いかがだったでしょうか?

以上となりますが、もっと詳しい内容で
不明点などあればお気軽にご相談くださいませ!

LINEで相談受付中

 

 

おすすめの記事