WEB広告の代行先を決めるためのポイント!メリットや注意点!

 

Webマーケティング戦略において、Web広告はますます重要な位置を占めるようになり、企業の担当者は、急速に変化するトレンドや新しい手法に対応する必要性に迫られています。

Web広告を自社で行う企業もあれば、広告代理店にアウトソーシングすることで効率的に成果を上げる企業も出てきています。

Web広告を代理店に委託することには、いくつかの利点があります。

最も重要なのは、最新のトレンドとベストプラクティスにアップデートしている経験豊富な専門家のチームを持っていることです。

これは、刻々と変化する状況に対応するのが難しい自社内ですべてを処理しようとするよりも大きな利点となり得ます。

 

Web広告の主な種類

インターネットが人々の生活の中心になるにつれ、広告主はますますウェブベースのメディアに広告を掲載することを考えるようになりました。

ウェブ広告を配置することができる様々な方法があります。

宣伝したいサービスによって最適なものが変わりますので、まずは広告の種類を選定することが大切になります。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、Google等の検索エンジンを使用した際、検索結果ページに表示される広告のことです。
主にページの上部・下部に表示されます。
検索したキーワードに関連する広告を表示するため、顧客層など興味が強いユーザーに配信できます。
クリックに応じて料金が発生するクリック課金型のため、表示だけでは費用はかかりません。
ターゲットは潜在層になります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリの広告枠に表示される画像、動画、テキスト広告のことです。
「年齢」「性別」「地域」「サイトの閲覧履歴」などからターゲティングを行うことができます。
ターゲットは潜在層~顕在層になります。
リターゲティング広告

動画広告

動画広告とは、動画コンテンツによってPRを行う広告です。
テキストや画像よりも、大量の情報を発信できるメリットがあります。
動画配信サイト「YouTube」はもちろん、「Twitter」「Instagram」「Yahoo!Japan」など様々な媒体で掲載が可能です。

SNS(ソーシャルメディア)広告

SNS広告とは、FacebookやTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに掲載される広告のことです。
性別や年齢以外にも、フォローしているアカウントから興味関心を分析し、精度の高いターゲティングを行うことが可能です。
ターゲットは潜在層になります。
└Facebook広告 他のSNSよりも優れたターゲティングでアプローチできます。
└Twitter広告 拡散力が高いため、二次拡散による効果への期待ができます。若年層の利用が多い特徴があります。
└LINE広告 年齢や性別に関わらず幅広い層にアプローチが可能。

広告を代行依頼するメリット

広告を代行依頼するメリット1

 

Web広告の運用には、広告の配信だけでなく、進捗管理やデータの集計・分析、新たな施策の考案など、さまざまなプロセスがあります。

社内に十分なリソースがあれば問題ありませんが、そうでない場合は、担当者の他の業務に支障をきたす可能性があります。

広告運用を代理店に委託すれば、そうした煩雑な業務を任せることができますし、代理店によってはクリエイティブ制作など、広告運用に付随する制作業務を一括して引き受けてくれるところもあります。

そのため、担当者は他の業務に集中することができ、広告のプロフェッショナルに確実に任せることができます。

※弊社でもLP作成やバナー画像の編集など引き受けております!

 

広告を代行依頼するメリット2

 

業界を熟知した熟練のプロフェッショナルが、運用開始から迅速に高い成果を出すためのお手伝いをします。

また、経験豊富な視点から、製品に適したメディアの提案や、メディアの組み合わせの提案も可能です。

 

運用代行で任せられる主な作業

 

代理店に代行を依頼する場合、下記のような作業を任せられます。

・初期設定(広告アカウント作成、ターゲティング等の配信設定など)
・クリエイティブ/サイト制作、SNS運用/記事代行など(代理店により対応できるか異なる)
・競合調査
・分析、改善
・レポート作成/ミーティング

費用について

運用費

 

運用手数料の形態や料金は広告代理店によって異なるため

必要な金額を確認し、予算内に収まるか事前に確認をしましょう。

 

最低出稿料金

代理店によっては、予算が少ない場合に対応を断られることがあります。

事前に問題がないか確認をしましょう。

 

運用手数料の相場

多くの広告代理店が設定している運用手数料は20%です。

ここで一つ注意点です。

①広告費用の20%
②広告予算全体の20%

の2種類があるので、間違えないように注意しましょう。

(例)

①広告費:100万円 運用手数料:20万円 → 合計120万円費用
②広告費:80万円 運用手数料:20万円 → 合計100万円必要

 

ちなみに弊社ボボコンサルティングは、広告費の金額にかかわらず
運用手数料は4万円(税込)固定で運用を行なっております。

大きい予算がある場合、成果によって予算を増やす可能性がある場合は
相性が良いのでお気軽にご相談くださいませ。

 

広告以外のアプローチ

 

WEBマーケティング全体のサポートが可能か

代理店によっては、SEO/MEO/SNS運用など

広告以外も含めたWEBマーケティングをサポートしてもらえることがあります。

広告との相乗効果を狙えるので、事前に対応可能か確認をしましょう。

 

依頼先をどう探すか?

・検索エンジンなどで探す
・一括見積サイトで探す
・紹介してもらう

よくあるパターンとしては上記の3つかと思います。

一括見積サイトで広告代理店を探すのはキケン?

弊社の経験からして「一括括見積サイト」で広告代理店を探すのは少しリスクがあります。

理由は、自社の広告運用が上手くいかず、見積もりサイトに依存している可能性があるからです。

自社で集客ができているのであれば、わざわざ見積もりサイトにマージンを払いながら集客しませんよね?

一概に集客のスキルがないとは言えませんが、注意しながら選定していただくことをおすすめいたします。

 

まとめ

広告代理店を選ぶためのポイントを解説してみましたがいかがでしたでしょうか?

分かりにくことがあればお気軽にご相談くださいませ!

また弊社への広告運用のご依頼もお待ちしております。

無理な営業はしませんので、まずはご相談やお見積もりだけでも結構です。

LINEで相談受付中

 

 

おすすめの記事