Instagram広告とは?種類やコツ、メリット・デメリットを解説!

今回はInstagram広告について、種類やコツ、メリット・デメリットをご紹介します。

インスタグラム広告についてもっと知りたいという方は、ぜひこの記事をご覧ください。

Instagram広告とは?

最近、最も人気があり、効果的なSNSの1つがInstagramです。

現在、Instagramの月間アクティブユーザー数は全世界で10億人と言われています。

 

Instagram広告は、企業が自社の製品やサービスを、多くのユーザーに宣伝することが可能です。

また美しい写真や動画で商品やサービスをアピールできるだけでなく、特定の視聴者を効果的にターゲットにできるメリットもあります。

 

Instagram広告の種類

Instagram広告の主な種類を紹介します。

写真広告

インスタグラム広告の中で最も基本的なタイプで、1枚の画像とテキストで設定することができます。

写真は正方形、縦長、横長を選ぶことができます。

通常の投稿と似ているため、投稿欄に自然に溶け込み、広告に見えず見てもらいやすいのが特徴です。

動画広告

商品やサービスを動画で伝えることができます。

写真広告と同様に、動画の形式は正方形、縦長、横長から選ぶことができ、60秒までの動画を使用することができます。

ストーリーズ広告

ストーリーズに掲載される広告です。

スマホの画面全体に表示されるため、動画や写真を見てもらいたいときにおすすめです。

カルーセル広告

1つの広告に複数の写真や動画を使用することで、多くの情報を伝えることができます。

広告を見た人が広告の画面をスワイプすると、次の動画や写真が表示されます。

コレクション広告

メイン画像の下に、Instagramアカウントから選択した複数の画像を配置することができます。

メイン画像の下にある画像をタップすると、その画像に関する情報が表示されます。

Instagram広告のメリット

少額から出稿が可能

Instagram広告は少額から出稿できるため、広告の初期投資やコストを抑えながら集客することが可能です。

ユーザー数が多い

多くのユーザーを抱えているため、幅広い層へのアプローチが可能です。

ターゲティングが可能

ユーザーの性別や年齢などのターゲットに的確にリーチすることが可能です。

Instagram広告のデメリット

ニーズが確認できない

リスティング広告のように、検索キーワードに対して広告を表示させるわけではないため

年齢・性別・地域などから、ニーズを想定して広告を出さなければならない。

Instagram広告のコツ

インスタグラムでの広告では、写真や動画などのクリエイティブのクオリティが重要です。

ユーザーの約8割が投稿を一時停止することなくフィードを閲覧しているため、一瞬でユーザーの目を引く魅力的なコンテンツにすることが広告主の責務となります。

 

インスタグラムで成功する広告コンテンツを作るには、見た目の美しさはもちろん、色使い、構図、フォント、人物などの要素に注目することが重要です。

これらの要素はすべて、ユーザーが広告を見るために立ち止まるかどうかに関わるため、一つひとつを丁寧に検討する必要があります。

 

まとめ

Instagram広告についてまとめてみましたが

いかがだったでしょうか?

以上となりますが、もっと詳しい内容で
不明点などあればお気軽にご相談くださいませ!

LINEで相談受付中

 

 

おすすめの記事