純広告とは?メリット・デメリット・費用について解説!

純広告とは何か、純広告の種類、純広告の料金について探っていきます。

さらに、純広告の使い方や純広告のメリット・デメリットも取り上げます。

1.純広告とは?

純広告とは、ウェブサイトなどのデジタルメディアプラットフォーム上の広告枠を購入する広告の一種です。

広告主が事前に特定の広告枠を予約・購入するため、「予約型広告」と呼ばれることもあります。

広告が掲載されるウェブサイトやメディア・プラットフォームは、"媒体 "と呼ばれます。

あなたの製品やサービスのための右の媒体を選択すると、あなたのターゲットオーディエンスに見られるあなたの純粋な広告を取得するための鍵となります。

2.純広告の種類

純広告には、テキスト広告、バナー広告、リッチメディア広告、メール広告、動画広告、記事広告、タイアップ広告など、いくつかの種類があります。

広告の種類によって特徴や効果が異なるため、キャンペーンの目的に応じて使い分けることが重要です。

テキスト広告

簡潔なメッセージを伝えるのに適しています。

バナー広告

より人目を引き、特定のウェブサイトやランディングページにトラフィックを誘導するために使用することができます。

リッチメディア広告

さらに視覚的に魅力的で、ブランドの認知度向上やリードの生成に使用することができます。

メール広告

パーソナライズされたメッセージでターゲットにリーチするのに最適な方法です。

ビデオ広告

ブランドや製品に関する説得力のあるストーリーを伝えるために使用できます。

タイアップ広告

他のブランドと提携し、共通の視聴者にリーチするユニークな広告の一種です。

 

どのようなタイプの広告を選択する場合でも、それが全体的なマーケティング戦略と整合していることを確認することが重要です。

3.純広告料金

純広告の料金は、掲載される広告枠、掲載期間、配信回数によって決まります。

純広告の特徴は、「○○が保証される」という課金方式を採用していることです。

管理型広告と同様、掲載途中で料金や設定が変更されることはなく、保証された条件を満たすまで広告が掲載されることになります。

保証課金方式には、以下の種類があります。

インプレッション保証、ページビュー保証

インプレッション数(閲覧数)またはページビュー数を最低限保証します。

保証されたインプレッション数またはページビュー数を達成するまで、広告が掲載されます。

 

期間保証型

広告の表示回数やクリック数に関係なく、1週間や1ヶ月など契約した期間だけ広告が表示されます。

アクセス数の多い人気サイトなどにメリットが出やすい形式です。

 

クリック保証型

バナー広告やテキストリンクに設置されたリンクをユーザーがクリックした回数を保証するタイプです。

あらかじめ設定されたクリック数に達するまで広告が表示されます。

4.純広告の利用方法

広告は、自社の製品やサービスをまだよく知らない潜在顧客をターゲットにした場合に、最も効果的です。

あなたは、高いトラフィックまたは知名度の高いメディアで広告を配置することによって、より多くの人々に到達し、ブランドの認知度を作成することができます。

その際、自社の製品やサービスに興味を持ちそうなユーザーを惹きつけるメディアを選ぶことが重要です。

最近では、ターゲットを細かくセグメントできる媒体も増えてきており、活用の幅が広がっています。

5.純広告の長所と短所

純広告には、メリットとデメリットの両方があります。

メリット

好きな位置に広告を掲載できること、メディアやスペースを自由に選べること、幅広い層に訴求できるため、潜在顧客に認知されやすいことです。

また、画像や音声、動画などを使ったクリエイティブな広告は、強い印象を与えることができます。

純広告は短期間で周知できるため、キャンペーンの告知に適しています。

デメリット

他のタイプの広告に比べて費用がかかること。

広告を掲載する媒体がターゲットと一致しない場合、広告が失敗する可能性が高い。

6.訴求したいイメージに合わせて認知拡大を図る純広告

純広告を出稿する際には、そのメディアを訪れるユーザー層が自社の製品やサービスとマッチしているかどうかを考慮しながら、メディアを厳選することが重要です。

多くの人の目に留まるようにするには、ブランドイメージに合った広告の種類やクリエイティブが重要です。

以上となりますが、もっと詳しい内容で
不明点などあればお気軽にご相談くださいませ!

LINEで相談受付中

 

 

おすすめの記事