web 広告とは?超初心者向けに解説!まずはこの2種類だけ理解すればOK!

Webに広告を出すことは、見込み客を獲得し、ビジネスを成長させるために有効な手段です。

Web広告を出す場合は、大きく分けての2種類から広告を選択することができます。

今回は、それぞれのタイプの内容やメリット・デメリット、そしてあなたのビジネスに適した選択肢はどちらなのかを探っていきます。

ウェブ広告の基本を学ぶために、ぜひご一読ください。

1.大きく分けて2つのタイプ

Web広告というと、大きく分けて「リスティング」「ディスプレイ」の2種類があります。

リスティング広告は、GoogleやYahoo等の検索エンジンの結果に自社のサイトを掲載する広告を指します。

ディスプレイ広告は、ウェブサイト・アプリ上に、表示される広告を指し、多くの場合画像を用います。

2.リスティング広告

リスティング広告のメリットは、顕在的な顧客にリーチできることです。

自社のサービスに関係のあるキーワードで検索をした人に表示がされるため、

購入意欲の高い顧客をサイトへ誘導することが可能です。

 

リスティング広告のデメリットは、当たり前ですが自然検索を比較し費用がかかることです。

また基本的テキストでの訴求となるため、視覚での判断が必要なサービスの場合サイトにアクセスするまで、訴求ができません。

3.ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はのメリットは視覚に訴えることができることです。

またリスティング広告と比較し、クリック単価が安い傾向にあります。

 

ディスプレイ広告のデメリットは、検索結果に表示するリスティング広告と違い

自社のサービスに興味を持っているかわからない層へも表示されることです。

4.どちらを使うべきですか?

選択した広告の種類は、目標によります。

顕在的な顧客に到達するための方法を探している場合は、リスティング広告、

潜在的な顧客に到達するための方法を探している場合は、ディスプレイ広告、

が最適と言えます。

 

また

魅力的な文章で訴求したい場合は、リスティング広告、

魅力的な見た目で訴求したい場合、ディスプレイ広告、

が最適と言えます。

まとめ

Web広告には、大きく分けて「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」の2種類があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、ビジネスの目的を考えた上でどちらのタイプにするか決めることが大切です。

この記事を参考にあなたに集客のお力になれていれば幸いです。

 

弊社ではあなたの企業のリスティング広告やディスプレイ広告を出すことが可能です。

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

LINEで相談受付中

 

おすすめの記事