4Cとは?

4Cは4Pの双子みたいなフレームワークです。
4Pが売り手側の視点だとすると4Cは買い手側の視点です。

消費者の需要(Consumer)

顧客のコスト(Cost)

コミュニケーション(Communication)

利便性(Convenience)

具体的に4Cが問う内容は、「顧客にとってどんな価値があるのか?」「顧客にとって割に合うのか?」「顧客はどんなどこでどんなメッセージを欲しているのか?」「顧客が容易に手に入れることができるか?」です

ボボタ
4Pを行う上で顧客との整合性の見直し的なフレームワークです。
最近は、4Cの方が優れているのでは?的な話もあるくらい。

個人的にはどちらも価値提供を行う上では必要なのでバランスよく使うのが吉かなと考えています。
おすすめの記事