STPとは?

「S:セグメンテーション」

「T:ターゲティング」

「P:ポジショニング」

の頭文字からなるフィリップコトラーが提唱したマーケティング手法の一つ。

主に「市場からターゲットの絞り込み」「市場からターゲットの決定」や「市場から自社商品の立ち位置の差別化」のために使用されます。

マーケティングの基本的な用語。

ただ、実際にこのSTPを完璧に活用できている企業は少ないです。

理由としては、シンプルに難しいです。
STPを制する者はマーケを制すると言っても過言ではないです。

そして、絞り込むために他の可能性を捨てるというストレスもあります。(正しいんだけどね)

フェーズにもよりますが、これを組織で実施しようと思いますと社内からの猛反発を喰らいます。

また、そもそものデータが間違っていると大きく空振りしたりするので本当に基礎であり全てな手法です。
おすすめの記事