4Pとは?

4Pは「製品:Product」「価格:Price」

「プロモーション:Promotion」「流通:Place」

の4つ頭文字からなる売り手側の考えに基づくマーケティングフレームワークです。

具体的に4Pが問う内容は「何を売るのか?」「それはいくらなのか?」「どうやって知らせるのか?」「どこで売るのか?」です。

ボボタ
STPを設定した後に4Pの設定が行われます。

理由は、STPが変更されれば4Pも変更されるからです。

なので、いかにSTPとの整合性を持った一貫性のある4Pを実現できるか?が腕の見せ所です。

そして何よりこの4Pの実行フェーズから他部署や社外とのやり取りが発生しますので踏ん張り時です。
おすすめの記事