コロナ時代に独立開業して良かった事と悪かったこと!あと今後について

こんにちは、ボボコンサルティングの岩崎です。

2021年明けましておめでとうございます。
早いもので独立して1年経ちました。(本当は2020年10月で1年ですが)

僕は大阪市内でWEBコンサルティングをしている個人事業主です。
まだまだへなちょこですが頑張っています。(フリーランスとも言うのかな?)

今期の実績は正直稼げました。でもまだまだ足りません。

そんな僕から興味ないかもですが、
・独立して良かったこと
・独立して悪かったこと
・今後の目標について
書いてみようと思います。

物好きの方はどうぞ。

独立して良かったこと

ぶっちゃけ良いことたくさんありました。

シンプルに収入がUPしたこと!

コロナの状況といってもシンプルにサラリーマン当時よりも収入が大きく上がりました。
他の脱サラした方々も聞いていると最低でも3倍以上にはなっています。

お金を稼ぎたい人は、まずここだけでも独立した方が良いかなと思います。

「ウハウハ」まではいかないけど、「ウ」くらいにはなります。

税金について少しだけ詳しくなったこと!

サラリーマン時代は勝手に税金引かれていて、ぶっちゃけ会社がくすねているとも思ってました。笑

ところがどっこいしっかりお国様に徴収されております。

社長が中古のベンツに乗る理由とか
所得税・住民税などなどこのような計算なのかとわかりました。

「税金対策」って言葉を本当の意味で理解した気がします。

芦田愛菜ちゃんも税金対策してるんやろな〜。すごいな。

本気で勉強をするようになったこと!

独立するといつ収入が下がるかわかりません。

僕のようなクライアントワークではお客さんに切られると終わります。
なので、努力を今まで以上にするようになりました。そしてスキルUP!

と言いたいのですが、スキルUPすると上には上があることに気付かされます。

ベジータ倒したのに、フリーザが出てくる現象。悟空のようにはなれないぜ

自由であること!

どんな仕事をするのか?
いつ仕事をするのか?
誰とするのか?
いつ休むのか?
いくらで売るのか?
買うのか?

全てを自分で決めることができます。

決めるのが面倒なくらい決めないといけない怖さ!
続きはまた書きます。
おすすめの記事